スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大逆襲プロダクション
スポンサー広告  

♪だんごとタイルの数はおーなーじー♪
 文芸班のヨーゼフ・KYOです。前回の水道方式の話の続きから。

 齋藤ディレクターを中心とした打ち上げの席で水道方式は遠山啓さんによるもので、齋藤さん自身は遠山さんに会うことが出来なかったという話が出ました。
 遠山啓さんといえば、安野光雅さんの「はじめてであうすうがくの本」シリーズに監修として名前の出ていた人だとその時気付きました。
 安野光雅さんについては前に「ABCの本」「あいうえおの本」のことを書きましたが、「はじめてであうすうがくの本」シリーズも何度となく図書館で借りてきては食い入るように見ていた思い出深い本です。
 チビとノッポのこびと君コンビが、幼稚園児にも興味を示せるように数の概念やトポロジィ等の考え方を導く絵本のシリーズです。

 遠山さんのことで久々図書館の児童書コーナーでシリーズの「かずのだんご」を借りてきました。
 数量を現すために絵を簡略化してだんご(丸)を描こう⇒だんご(丸)だと積み上げづらいから四角にしよう⇒9個積み上げたら倉庫がいっぱいになったから、10個をひとまとめにして左隣におこう。
 小さな子供にもわかるようにタイルでの数量を現すことから十進法の考え方までを導いています。

 ほかには以下のようなのがありました。

「みずをかぞえる」
 水(液体)はもの(固体)のように数えられない⇒基準になるコップを決めてそれの何杯分かとしてかぞえる(量る)⇒コップに余ってしまう分はどう考える?⇒コップに半分以上は「1杯」とみなし、半分に満たないものは「0杯」とする。⇒四捨五入の考え方。

 これのみ赤茶けた二色刷りの「もじあそび」は、国語のカテゴリーに含まれると見なしたのか、後に合本する際はこのシリーズから外されたのでしょうか。これも数学の考え方を導いています。
 ひらがなのカードを並べ替えていくつの言葉が作れるか(アナグラム遊び)ということから始まります。
 2枚のカード「す」「な」では?⇒「すな」「なす」の1×2=2通り。
 3枚のカード「と」「け」「い」では?⇒「とけい」「けいと」等1×2×3=6通り。
 4枚のカード「た」「い」「そ」「う」では?⇒「たいそう」「いたそう」等1×2×3×4=24通り。
 5枚のカード「こ」「も」「り」「う」「た」では?⇒「こもりうた」「もうこりた」等1×2×3×4×5=120通り。
 数式こそ出てきませんが、確率・統計学で用いる階乗計算につながります。

 安野光雅さんはこのシリーズを作るにあたり「なかまはずれ」(ある集合からそれと違うものを選び出す)「くらべてかんがえる」(二つの絵を比較して違うところを見付ける)等を含めるシリーズを数学と呼んでよいものだろうかと思い、遠山啓さんに相談されたそうです。
「このように順序立ててものを考えることこそが数学なのです。」という言葉をいただき納得されたといことです。

 これらの本は後に三冊の合本にまとめられましたが、その際には「遠山啓・監修」というのが消えています。ひょっとしたら遠山さんから前の言葉をいただいたことから監修者として名前を挙げたのかなとも思いましたが、実情は知りません。

 ちょうどテレビでカリキュラを楽しんでいた頃を前後してであった本で、カリキュラ同様私にとって思い出深い本です。

ヨーゼフ・KYO

スポンサーサイト
大逆襲プロダクション
未分類   0 0

井上ひさしさん冠する本の感想等
 文芸班のヨーゼフ・KYOです。カリキュラマシーンのネタが切れたので派生した話題で失礼します。

 家に幼い子供がいることからNHK子供番組を見る機会が増えました。NHKの「おかあさんといっしょ」を見ていたら「あの名この名」という歌があり、作詞は井上ひさしさんになっています。(井上さんが「カリキュラマシーン」の命名者だそうですが、「おかあさんといっしょ」のミニコーナーの台本を書いていた時期があったと思いました。)
 内容は人の名前の羅列から始まります。(そういえばカリキュラでも「いんかんのうた」というのがありますね。)こういう名前を羅列する中で作詞家はインスピレーションを得るのかも知れません。
横で細君が「こんな人の名前を並べるだけで印税もらえるのなら私にだって出来る」というのを笑って聞いていました。

 井上さんの元の奥さん・西舘好子さんによる「表裏井上ひさし協奏曲」を興味深く読みました。井上さんの才能が世に出るため西舘さんの尽力も働いていたことがわかります。
放送作家として忙しい頃、西舘さんが井上さんの代わりに原稿が遅れた言い訳を言ってまわっていたのが面白く思えました。「ゲバゲバ」「カリキュラ」等でおなじみの日本テレビの井原さんや斎藤さんの名前も少し出て来ます。放送ライターとして忙しい中疲れきって帰ってきたところをデビュー作の戯曲「日本人のへそ」を書かせるためにお湯につけて足をマッサージしたりアリナミンを飲ませたり。
 書き上げた「日本人のへそ」がテアトルエコーにより初演された時の様子も興味深く読みました。これが読みたくてこの本を買ったのです。我らがおヒョイさんこと藤村俊二さんによる素敵な振り付けの様子についてもふれられています。
 初期の面白い作品がテアトルエコーにより演じられエコーから離れていったのは井上さんの他の仕事が忙しくなったからだと思い込んでいたのですが、劇団の中に権力的なものを感じ居心地がわるくなったからだということもわかりました。

 また負の側面としては有名なDVのことを始め家族間の問題にもふれられています。義理の父母との生活の中の孤立感や多忙な仕事からのストレスがそれにむかわせていたとも思えます。
 仕事が忙しくなったことと井上さん独自の教育方針から娘さんたちはあまり学校には行かなかったようです。このことは後になってご夫妻共反省されたようです。

 一人の才能を世に出すため家族の協力を得たり、時としては家族が犠牲になる例は井上ひさしさんだけではなくよく耳にします。何が幸せかは当人達が決める問題ですが、こういう例を見ると平凡な暮らしの中に幸せがあるのかなとも思わせられました。
 私は平凡な暮らしの中から幸せを見出す人間です。今日は帰ったら日々の育児疲れを嘆く細君の足をマッサージしよう。

 他にもこまつ座旗揚げのことや離婚騒動の際尽力したつかこうへいさんの話等とても興味深く読みました。買って損のない一冊です。それらの感想はまた別の機会に書きましょう。

 「平成カリキュラマシーン研究会」ではカリキュラマシーンの本を作るため番組製作者等へのインタビュー等進行中です。新しい動きがありましたらまた報告します。

ヨーゼフ・KYO
大逆襲プロダクション
未分類   0 0

Eテレに夢中
 文芸班のヨーゼフ・KYOです。
 家に幼い子供がいることもあり、子供番組の多いEテレ(NHK教育)にテレビのチャンネルを合わせることが多くなりました。
「シャキーン!」に子供が熱中している頃に私は会社に出かけ、土曜日は「デザインあ」の不思議な映像世界を楽しみ、日曜日は子供を膝に乗せて「みーつけた、さん」の歌を歌っています。
教育テレビは昔からあまり代わり映えしない印象を持たれがちですが、忘れた頃見るとすごく新鮮に見えます。Eテレに名前を改めて今どの局よりも輝いて見えます。
「デザインあ」については前にも書き、もっと誉める人がいてもいいのにと思っていました。ネット検索をかけたら結構注目している人多いようですね。カリキュラの映像世界の好きな人は必見です。
「あ」の字が変形する映像は前にも紹介しましたが、モデル(例えば信楽焼きの狸)を中心にして複数の人たちが車座になってデッサンをし出来上がったものを連続して映すと、タッチは違うものの回転してモデルを見せたアニメのように仕上がるというのが面白かったです。
「Eテレ」と字面の似ている「日テレ」さんも誉めてあげたいんですけど、最近は魅力的で個性的な番組ってあります?
 またカリキュラマシーンみたいの作ってよ、本音を申せば幼い頃熱狂して見ていたカリキュラマシーン自体がもっと見たいんだけどね。

 とはいえ我が子ヨゼフィーネ(仮名)ももうすぐ魔の二歳児、そろそろイヤイヤが始まりテレビを見せろと駄々をこねはじめました。食事中はテレビは見ないこと、時間を決めて見ること等を教えなくてはなりません。

ヨーゼフ・KYO

「セサミストリートのギャグ世界」
 今月も少し寄り道して、セサミの思い出話から。

★アーニーとバートから お風呂の忘れ物。
 風呂上がりのアーニー君。
アーニー「お風呂から上がったんだけど、何か忘れているような気がするんだ」
バート「耳の後ろは洗ったの?髪の毛は?足の裏は?」
 話しているうちに部屋に風呂水が侵入(合成画面)みるみる水位が上がっていく。
アーニー「思い出した。お風呂の水止めるのを忘れてた!」

★アーニーとバートから テレビ画面の「H」
 バート君が見ているテレビの画面には「H」の字幕が点滅して映り発音を繰り返している。いぶかしんでいるので、アーニー君が修理に乗り出す。
 TVの箱の中からhumster、hat、horn等Hで始まるものがたくさん出てくる。
 修理を終えてTVをつけると今度は画面から「I」の字が点滅し発音し続ける。
アーニー「また修理しようか?」
バート「いいよ、いいよ。なんだか面白いからしばらく見ているよ。」

★フランケンシュタイン博士の「F」
 フランケンシュタイン博士が例の人造人間の怪物に「F」で始まる言葉を教えている。Friday、foot等。
博士「わが息子よ、理解したね?お前はわしの足を先週の金曜日からずっと踏んづけているのだ。そろそろ足をどかしてくれないか?」
大逆襲プロダクション
未分類   0 0

「セサミストリートのギャグ世界」
 文芸部のヨーゼフ・KYOです。

 カリキュラのネタも尽きてきたので、今回はセサミストリートのことを書きましょう。

 カリキュラマシーンの制作時セサミストリートをお手本にされたことはあまりにも有名だと思います。セサミといえば後にエルモ等マペット人形のイメージが強くなりましたが、カリキュラでは人形の寸劇を用いない方を選択したようです。(でっかいロボットとゴリラの着ぐるみこそ出てきましたが)
 企画の井原さん自体はジム・ヘンソン率いるマペット一座を招いてショー番組まで作られたのに何故人形劇を用いなかったのかなと思いましたが、当時の日本スタッフで米国マペット一座のようなことをするのは難しいという判断だったのでしょうか。

★「アーニーとバート」から バート君の胸像
 アーニーがバート君をモデルに粘土で胸像を作っている。出来上がるが胸像には鼻がない。
バート「この像は僕にしては鼻がないんじゃないか」アーニー「うーん、確かに。それならこうするといいよ。」
 アーニーはバート君の顔から鼻をもぎ取り像につける。像は完成したもののバート君の顔から鼻がなくなる。
※人形だからこそ成立するギャグですな。

★「アーニーとバート」から 大事なメモ
 アーニーが部屋中を散らして探しものをしている。大事なメモをなくしたらしく探しているらしい。
 散々散らかしたあげく、アーニーはやっとのことで探しあてる。
アーニー「やっと見付かったよ。バート、このメモは君にだ」
 アーニーはバートにメモを渡して、すたすたと去る。
バート「えーと、何々。『バート君、後片付けはよろしく頼む』だって!?」

★マペットの歌「大自然の素晴らしさ」
 人形劇。大草原の真ん中でマペットの男が大自然の素晴らしさについて朗々と歌っている。歌の途中から測量技師やらブルドーザ等が表れて、風景に高層ビルや高速道路が登場する。男が歌い上げる頃には風景は大都市の真ん中に変わり果てている。
※これもマペットだからこそ成立するギャグですな。のどかな風景があれよあれよという間に都市に変貌していくのは外国の絵本の「ちいさなおうち」を思い出させます。

★探偵と1から20
 フィルム。トレンチコートの探偵が指令に従い街中にある数字を1から順に追っていく。途中からビルの中に入り18階の19号室まで突き止める。
 部屋の中から「20」と書かれたカードを持ったゴリラが登場。探偵はゴリラに首を締められる。

ヨーゼフ・KYO

大逆襲プロダクション
未分類   0 0

「GWもバクハツなのだ!」
 いまだ震災の心配が消えず、関東はあいにくの天気が続く連休でしたが、皆さんはどんなお休みを過ごされましたか?

少し自由時間が取れたので映画と展覧会に足を運びました。

 観客五人程のレイトショーで赤塚不二夫さんの伝記映画(?)「これでいいのだ」を見てきました。
好きな部分こそあったものの、マンガ的ギャグの映像化は正直なところ退屈させられました。(子供の頃見ていたら楽しんでいたかもしれないな)
 この人の場合は本人自体が相当に面白いのだから、エピソードをそのまま映画にした方が面白いと思います。靴で殴り合う話はああいう形で描かれ山田一郎改名の件は封筒に一瞬名前が映るのみで描かれていましたが、原作者でもあるタケイ記者のバカボンを他の雑誌に引き抜いたことや担当を離れた後も勝手にあがりこんでバドワイザーを飲んでた話、バカラシ記者に修正液で作った牛乳を飲ませる話や納会で編集長をひっばたく(ひっばたかさせた?)こと等。
 作中に出演されている人たちのモデルがまだ生きていることもあり描きづらかったり、派手なシーンがないと映画として成立しない等を制作者が考えてああいう映画になったのでしょうな。
 それでも他にはない映画でしょう。レッツラゴン同様誰も作らない映画だからツヨイのでしょうな、ハハハ。
「理屈っぽいことを嫌うバカ塚の映画は、あれでいいのだ!」

 雨の中岡本太郎展を見てきました。テレビドラマのTAROの塔の放送や渋谷駅に大きな壁画が展示されていることもあってか混雑の中の観賞でした。
 年代ごとにまとめられた力強い線と鮮やかな色彩の展示作品や氏のものを作る人間としての言葉に心動かされるものがありました。
 晩年は目をモチーフにした作品を多く残しており、出口近くの展示ではタイトルをつけなかったものを含め目の描かれた絵がいっぱい四方の壁に飾られ部屋の中央には座る人をにらみつける椅子がおかれていました。部屋を暗くして一人ぼっちでいたら少し怖くなるかな。
 晩年はタレント活動もされていて、おかしな番組に呼ばれて変なことをしていた印象が強いのですが、当人も楽しんでいたようだと聞き少しほっとさせられました。まあ考えてみれば、自分の孫程の年齢のヤング観客層にばあといって変な顔をみせれば大喜びするのなら、何度となくしますわな。
 出口の壁には「迷ったならば危険な道を選べ」等氏の言葉が数々書かれていて、くじ引きのような箱の中から氏の言葉のカードをもらえるプレゼントもあります。(「太郎のことば」)
 私が引き当てたカードは「好かれるヤツほどダメになる」うーん、わかるけどなあ。失敗や孤立を恐れる現代人には胸に突き刺さる言葉ですね。

 赤塚さんが面白い作品を描き岡本さんが太陽の塔等を作り上げていた時代や彼ら自身のことにはすごく興味がありあこがれる存在なのですが、とてもあんな生き方は出来ずその時代や人々にあこがれるのみですね。

 明日からまた普通の生活に戻られる方が多いと思います。僕らは僕らなりに明日からもがんばって生きていきましょう。
ヨーゼフ・KYO

「カリキュラマシーンのギャグ世界」
★ほ ほにゅーびん
 シャワー室の棚にミルクの入った哺乳瓶がおいてある。シャワーを浴びている人が哺乳瓶からミルクを頭にふりかけ洗髪する。

 カリキュラの覚えていたギャグも書き尽くしたかな。また温めていて思い出したら書きます。

 日テレさん、こんなにファンとしてアプローチしつづけているのだから、そろそろまたカリキュラのムーブメントをはじめませんか?女の子向けのスウィーツ情報を含めた情報番組なんて作ってる場合じゃないよ、あんな情報番組だったらNHK見ているほうが確実だと思うよ。
 子供番組の分野もNHKははるかに面白いもの作っていて、このままじゃどんどんNHKと差をつけられる一方だよ。そろそろシャキーンと眼を覚ましてよ
大逆襲プロダクション
未分類   0 0

くりちゃんは永遠に不滅
きのう、私たちは大切な仲間を失いました。
でも、くりちゃんはずっとここに生きてる。







改めて、映像の力を感じます。

いなだ@画
大逆襲プロダクション
未分類   0 0

「観る人なんかどうでもいい」
数日前のNHK番組「プロフェッショナル」で海老蔵が、こんな意味の発言をした。
「他人なんかどうでもいい」だったかもしれないが、まったくその通りだと思った。

何かを一筋に追求する人はみんなそう思っている。
他人の言う事を気にしていたら、自分の本来の着地点を見失うし、進むエネルギーも失うからだ。

カリキュラマシーンのディレクターも、作家も、まさに自分本位で、他人がどう観るかなど気にしなかった。
いや、他人と同じ事をやりたくなかった。

台本を書いていた喰始さんはこう書いている。
「テレビでやりたいことができた最後の番組」
裏返せば、今のテレビが如何に束縛だらけかということだ。

先日、カリキュラマシーンの最後のシーンの「じゃまた!」のギニョさん(齋藤太朗ディレクター)と呑んだ時、ギニョさんが作った番組(シャボン玉ホリデー、九ちゃん、ゲバゲバ90分、ズームイン朝、おもいっきりテレビ、仮想大賞・・すごい!)はすべてオリジナルだという話になったら、ギニョさんも「絶対に人と同じ物を作りたくない! 同じ物を作るなら何もしない方がいい!」と言った。

カリキュラマシーンのディレクターもみんなそう思っていた。
だから、カリキュラマシーンは一本一本が違う番組になったのだ。

世の中は賛成半分、反対半分。
反対を気にしたら何もできない。
海老蔵は「ぼくは自分勝手なんですよ」と言ったが、それが正解だ。

人と似た番組を作れば批判されるが、個性的な番組を作れば誰も文句を言わない。
そんなことが許された時代を羨む、今の番組制作者が居るかもしれない。

だが、作るのは自分だから、その気になれば何でも作れる筈だ。
羨む前に、自分を発見してほしい。

    カリキュラマシーン・ディレクター 宮島将郎
大逆襲プロダクション
未分類   2 0

女房の近況
ジャーン!
ついに一人で、両膝に手を乗せた姿勢で、立ち上がりました。
まだ低い椅子から立ちあがる脚力はありませんが、立ったあと、少しふらつきながらも一人で立っています。
訓練士が立ち上がる練習だと言っても、数メートル先に並行バーがあるのを見て、立った途端にそっちへ歩き始めます。
立った姿勢を支えるには腰と膝が必要ですが、うつ伏せでの姿勢矯正では両方とも次第に平らになっています。
自室で寝る時にも、以前は膝が曲がり、足が伸びなかったのが、平らに伸びるようになりつつあります。
歩行器での歩行はスタスタという感じになっていますが、手を前に延ばして歩行器を掴むため、どうしても前かがみになります。
腰と膝が真っすぐになれば、歩行器も不必要になり、独立独歩が実現する筈です。
古賀訓練士は雅子さんのように良くなる人を見るのがこの仕事の生き甲斐だと言い、他の訓練士たちも回復ぶりを喜んでくれています。

昨日と同様にキャッチボールでは、投げ方の指示(ほうり上げる)も理解し、ほぼ完璧の出来栄えです。
右手の機能も日に日に回復しています。

階段を2回上下(下りは後ずさり)しましたが、上りは安定している左足から、下りは不安定な右足からという段取りも順調にこなしました。
独立独歩になれば階段の段取りも変わるわけですが、階段と高さの変化に慣れる意味は大きいと思います。

宮島

大逆襲プロダクション
未分類   0 0

4777って何の数?
YouTubeに掲載したパピプペポロンの再生回数です。
正直なところ、こんなに多くの人が見ていることに驚きました。
この人達に火を付けられると面白いですね。
だれか、良いアイディアありませんか?

ところで、公式ページの視聴者数はどうなってるのでしょうか?

宮島
大逆襲プロダクション
未分類   0 0

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。