スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大逆襲プロダクション
スポンサー広告  

もうどんどん突っ込んで
「七つの子」の「フールス」、「7歳の子」か「7羽の子」か?
「巨人の星」の「重いコンダラ」
「シュワッキ!マセリ」
「モロビ」と「コゾリテ」?
こんな聞き間違い、思い込みがあったらコメント欄に書き込んでください。

ちなみに私は、「天才バカボン」OPの「天才一家だ」を「天才以下だ」と思ってました。
それから私の小学校の同級生ですが、ミッション系の幼稚園に通っていた当時「おまもりくださいマリア様」と毎日唱えていたらしいのですが、マリア様に神社で売っているような御守をくれという意味だと、ずっと思っていたそうです。
大逆襲プロダクション
小ネタ   7 0

まいど、すんまそ。
ちょっと違うかもしれないんだけど・・。

「春の海、ひ・・・、ねもすの、たりの、・・たり。・・・・・・かな?」

私が子供の頃、学校の先生をしていた母が、「きょう、クラスの●●くんが朗読してくれた」「笑うわけにもいかないし、死ぬかと思った」と言って泣いていたのを、忘れることができません。
2008/11/19 01:56 | | edit posted by いなだ@画
山のフールス。淡谷のり子が歌いそうだ>それはブルース

小学校の時の同級生、ヤマモトユタカくんは
正岡子規の短歌
「くれなゐの二尺伸びたる薔薇の芽の
 針やはらかに春雨の降る」を

「くれないの!
 フタマタのびたる
 ばらのキバの!!」と、元気に朗読していました。
2008/11/19 06:15 | | edit posted by 感激オバサン
>いなださん
「ひねもす」って日常的に使わない言葉ですからね。
私はヒネモスという生き物(イメージでは虫)が這っている姿だと思ってました。

>感激オバサン
そのヤマモトユタカ君は、ある意味天才です。
2008/11/19 22:01 | | edit posted by 加藤@脚本
思い出した。
「アルプス一万尺こヤギの上で」

ヒネモス・・。モスラの親戚だろうか?
性格の曲がったモスラとか(笑。
2008/11/22 02:10 | | edit posted by いなだ@画
アルプス一万尺
>いなださん
「アルプスの少女ハイジ」のアニメのイメージがあったので、私も同じく「コヤギの上で」と思ってました。
動物つながりで思い出しましたが、「虎の威を借る狐」を「虎の胃を狩る狐」だと思って、勝手に恐がってました。
2008/11/23 20:51 | | edit posted by 加藤@脚本
ヒネモスは、是非!
「性格の曲がったモスラ」であってほしい。
「けっ!」とか言っちゃってさ。

それが、春の海でのたりのたりしてるのよ!!
ああ、見てみたい。
誰かイラストにしてください。
2008/11/24 09:51 | | edit posted by 感激オバサン
君たちは変だねえ!

パピプペポロンやるような人間はみんなそうなんだろうね。

でも、そういう連中こそが社会と人間の本質を見抜いていると思うよ。

だから、どんどんやって!
2009/01/05 01:48 | | edit posted by gacha














 

http://mammamia.blog15.fc2.com/tb.php/169-d583a501
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。