スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大逆襲プロダクション
スポンサー広告  

カリキュラマシーンでの藤村俊二さん
「カリキュラマシーン」の出演者の中で藤村俊二さんの印象が強かったという人が多いことと思います。私も幼い頃のお気に入りのキャラも藤村さんで、一年目は藤村さんが中心となるエピソードも多かったと思いました。
 出演者で演出家でもある斎藤ギニョさんの本の中で「ゲバゲバでは、へんてこりんな異常世界の住人を演じるのに最も長けていたのが藤村俊二さんと常田富士男さんで、この二人はゲバゲバの最大スターだった」という内容のことを書かれています。これはカリキュラでも当てはまっていたようで、この二人の印象が強く残っています。
藤村さんもすっかり白髪のおじいさんになられましたが、いまだに私の中ではカリキュラ当時の印象が強く、思い出話の番組等でたまに元気そうな姿を見ると今でもうれしく思います。そんな藤村さんの演じられた中から

「カリキュラマシーンのギャグ世界」
★拷問 二桁の数の読み方
 侍が町人を拷問にかけている。町人のひざの上にたくさんの石板を乗せている。
侍(宍戸錠さん):「言え。そなたのひざの上の石板の数はいくつだ?」
町人(藤村俊二さん):「うー、言います。言います。」
画面は数を表すタイルに切り替わり、歌になる。
町人:「(歌)10の束が2で『にじゅう』。ばらが3で『さん』。23、『にじゅうさん』石板の数は23」
画面はまた侍と町人へ。
侍:「よし、そなたのひざの上の石板の数は23だというのだな。町人よ、よくぞ言った」
石板をどけて町人を立たせると、町人の下に羽織が引いてある。重みで羽織のしわを伸ばしていたのだ。
侍:「よし、すっかりしわが取れた。(羽織を着ながら)町人よ、かたじけない。」

★ひきざんの秘密情報
 事務所。社員の一人が駆け込んでくる。
社員:「おい、この事務所に産業スパイがいるらしいぞ!」
ボス(藤村俊二さん):「おい、いったいどういうことだ?」
社員:「暗号で情報が届いたんです。」
 書類に「17-9=」と書かれている。
ボス:「17-9=?いったいなんだ?」
 DVDの「五十音パニック」にも入っていた「17-9=」の手袋のアニメ。
ボス:「そうか、17-9=8か。よし、8をさがせ」
社員の一人:「ありました!」
 女子社員(吉田日出子さん)のネックレスの飾りが「8」の形になっている。中からマイクロフィルムが出てきて映写機にかける。スライドでボスが出べそだということがわかる。
社員:「ぎゃははは。ボスは出べそだったんだ!」
ボス:「わーん、せっかく秘密にしていたのにー!」
※言うまでもないことですが、カリキュラって子供のための番組だったんですね。

★鏡台の「やいゆえよ」
 BGMは「リラックスタイム」(「カリキュラマシーン・ミュージックファイル」にも入っていたピアノ演奏の曲。鏡台の前に座っていた男(藤村俊二さん)が去りし女を思い出しているのか憂いている。口紅で鏡台に「やいゆえよ」と書く。画面は急にコマ落としとなり、男は化粧し、女物の服に着替えすたすたと去っていく。

★の:のろま
丸眼鏡ののろま氏の顔のアップ。
のろま氏(藤村俊二さん)「なんだかおなかがいたくて、いきたここちがしないなあ。」
カメラが引くと、腹に包丁が刺さっている。

★ねじれた音:いし-いしょ
橋に遺書を手にした男(藤村俊二さん)がしゃがみこんでいる。飛び込もうと橋の下を覗き込み、深さを調べるため下に石を落とす。同じ石が真上からおちてきて頭に当たる。

★たしざんの押し売り
玄関に押し売りが座り込んでいる。
押し売り(藤村俊二さん)「長いえんぴつが3、ちびたえんぴつが2。合わせていくつだってんだい」
ロボットによる解説。
かの字「3+2=5」
元の玄関先。
押し売り「えんぴつの数は5。おうおう、買うのかい買わねいのかい、はっきりしろ!ん?待てよ。」
押し売り、標札を確認する。
押し売り「ゴメン、俺ん家だったのね。」

★音節 はと、はーと、はっと
 手品師(藤村俊二さん)がシルクハットにステッキを当てるとハットの中からハトが出てくる。再びステッキを当てるとハートの形のぬいぐるみが出てくる。手品師はハットをかぶりステッキを当てる。ハットを取ると頭がはげになっている。拍手喝采。

★た:たいこ(だったと思います)
 太鼓の横に茶坊主と侍が座っている。茶坊主が太鼓をたたく。
茶坊主(藤村俊二さん):「殿の、おなーりー」
侍(渡辺篤志さん):「ははー(ト言ってひれ伏す)」
茶坊主:「姫の、おなーりー」
侍:「ははー(ひれ伏す)」
茶坊主:「これで、おわーりー」
侍:「ははー(ひれ伏しかけるが、途中で気づいて)紛らわしいこと言うな(ト言って、茶坊主を張り倒す)じゃあまた!(画面に向かって手を振る)」
 番組もおわり。
大逆襲プロダクション
カリキュラマシーン   0 0















 

http://mammamia.blog15.fc2.com/tb.php/281-68385645
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。